キャベツでお手頃バストアップ!栄養(ボロン)が摂れる効果的な食べ方

バストアップに効果的だと言われている食べ物の中で「キャベツを食べると胸が大きくなる」って耳にしたことはありませんか?
身近な食べ物でボリュームのある美バストになれるなんて、夢のようですよね。
 
実はこれ、本当だったのです。
キャベツには、たっぷりと栄養が含まれており、健康面でも重宝されている野菜です。その中には、バストアップと深い関わりを持つ女性ホルモンの分泌をサポートする栄養も含まれており、バストアップに有効だといわれています。
 
そこで今回は、キャベツの成分・効果から、より効果を高めるキャベツの食べ方までをまとめてご紹介!バストアップしたい人はもちろん、綺麗な女性であり続けたい人も必見です。

なぜキャベツにバストアップ効果があるの?

キャベツに含まれる「ボロン」の働き

キャベツに含まれている栄養素の中のひとつに「ボロン」という成分があります。バストアップに関係してくるのは、この成分。
サプリメントにもよく用いられている「ボロン」とは英語で表した言葉で、日本語ではホウ素と呼ばれています。ミネラルの一種として知られるボロンは、私たちの体内に必要不可欠な成分です。
 
キャベツにも含まれるボロンには、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きを持ち、通称「植物性エストロゲン」とも言われています。体内に摂取することで、年々と減少していくエストロゲンの分泌を増やす効果があります。
その働きから、間接的にバストアップに効果があるといわれているのです。


エストロゲンの分泌が増えることでバストアップに繋がる

バストの構造は、大胸筋を土台として約90%が脂肪組織、約10%が乳腺で造られています。
バストサイズに大きく関係してくるのはバストの大半を占める脂肪組織です。
その脂肪は、乳腺の回りに付いているため、ボリュームのあるバストには乳腺が多いということになります。

女性ホルモンのエストゲンと直接的な関係を持つのは、この「乳腺」。
キャベツに含まれる「ボロン」により、エストロゲンの分泌が増えると、乳腺が発達して脂肪が付くという仕組みなんです。

ボロン→エストロゲンの分泌が増える→乳腺が発達→脂肪がつく→バストアップ

バストと直接的な関係はないものの、ボロンには血液中に含まれるエストロゲンの濃度を約2倍にまで上げるほどの効能があるといわれており、バストを大きくする環境を作り出すことができる優れた効果には期待できるといえるでしょう。

キャベツに含まれる「ボロン」にはこんな効果も!

美容ホルモンを増やして女性らしさを高める

美肌効果
 
スキンケア効果
 
髪がキレイになる
 
更年期障害の予防・改善
 
PMS(月経前症候群)の改善

バストアップに繋がる、女性ホルモンのひとつエストロゲンの分泌を増やす働きがある「ボロン」。年を重ねるごとに減少していく傾向があるエストロゲンは、別名「美容ホルモン」とも言われています。
30半ばを過ぎると肌にハリやツヤがなくなったり、太りやすくなったりするのは、エストロゲンの分泌が減少することが原因と考えられています。
 
反対に美容ホルモン(エストロゲン)が増えると、女性らしさを高めてくれるのです。
そのためキャベツに含まれるボロンによって、エストロゲンが増えることで、バストアップ効果だけでなく、女性とって嬉しい効果が得られるのです。

カルシウムの減少を防いで骨を丈夫にする

骨粗しょう症の予防
 
高血圧の予防
 
イライラを解消する

キャベツに含まれるボロンの凄いところは女性らしさを高めるだけではありません。ボロンには、骨の原料となるカルシウムが体内から出ていくのを抑える効果があります。
この効果は、アメリカの農務省の実験結果で発表されており、信ぴょう性が高いといえます。

アメリカ合衆国農務省が閉経後の女性に対して1日3 mgのホウ素を投与する実験を行った結果、ホウ素の補給がカルシウムの排出を44%抑え、エストロゲンおよびビタミンDを活性化させるという結果が示され、骨粗鬆症を抑制する可能性が示唆された。
出典:ja.wikipedia.org

バストアップにも効果的なエストロゲンと、ビタミンDを活性化させることで、カルシウムの排出量を抑え、骨粗しょう症といったカルシウム不足で起きる病気を防ぐことができます。
年齢による場合もありますが、現代の日本人はカルシウムが不足しがちだといわれています。骨と健康を守るためにも、カルシウムは必要不可欠な存在なのです。

キャベツを食べる時に注意すべきこと

キャベツは水に浸けないでサッと洗うだけでOK

栄養素には水に浸けると流れてしまう性質を持つものがあります。
ボロンは、特別水に溶けやすい栄養素ではありませんが、長時間水に浸けておくと少量ですが流れてしまう可能性があります。
 
キャベツを水に浸けない方が良いと言われているのは、ボロンの他に、水溶性のビタミンCが豊富に含まれているからです。
1日分のビタミンCがキャベツ1枚~2枚で摂取できると言われているほど!せっかく食べるのならば、美肌に効果的なビタミンCも合わせて摂りたいですよね。
 
よくキャベツを水に浸すと、シャキッとした食感になるといわれていますが、実はこれ、とても勿体ないことなんです。キャベツに含まれるビタミンCは、水に10分間浸けるだけで、およそ20%も失われてしまうといわれています。

もちろん農薬を洗い流すことも大切なので、栄養を損なわれないようにするには、包丁で切る前に水で洗い流しておくことがベストでしょう。


コスメコンシェルジュの内田です。ビタミンCは「美肌ビタミン」と呼ばれており、スキンケアにもよく使われていますよね。
実は、美肌効果だけでなく、様々な予防効果があるとても優れた成分なんですよ~♪
 
【美白効果・シミ予防 / コラーゲンの生成を助ける / アンチエイジング / 免疫力を高める】
など、女性にとって嬉しい効果がたくさん!エストロゲンの分泌を増やすボロンと合わせて摂れるキャベツは、美容面でもとてもおすすめしたいです。
へ~!コラーゲンの生成や免疫力アップにも繋がるんですね!
ビタミンC恐るべし。
 
バストアップ効果と美肌効果合わせて期待できるのは、女性にとって嬉しいですよね。そのためにも、生キャベツを水に浸さないことを心掛けていきたいところです♪

ボロンは熱に弱いはウソ?!

キャベツに含まれるボロンは熱に弱い!と多くのサイトで言われていますが、ミネラルの一種に含まれる「ボロン」は熱によって栄養が損なわれにくいといえるでしょう。
ましてや、加熱することでボロンが壊れる可能性は極めて低いです。

微量元素などのミネラル類は熱によっては損なわれにくい。茹でると若干流出するとされるものの、それにもまして温野菜は食べやすく、大量に食べることができることから、あまり問題視されない。
出典:ja.wikipedia.org

生キャベツが良いと言われている理由は、茹でてしまうと栄養素が流れてしまうからだと考えられます。そのため、ボロンが熱に弱いのではなく、水に浸けることで流れていまうことになるということが正しいといえるでしょう。
 
加熱することでボロンを含むミネラル類への大きな影響はないので、調理して食べやすくして1日の目安量を摂る方が効果的です。

生キャベツの食べ過ぎは冷えの原因になる

栄養面では、生キャベツで食べる方法が一番良いといえますが、生キャベツの食べ過ぎには注意が必要です。なぜなら、キャベツは陰の強い食べ物に分類されるからです。
カリウムが多く含まれていることや夏や温かい地方で摂れるといった特徴がある陰性の食べ物には、血管や細胞を緩めて体を冷やす作用があります。
 
そのため、生キャベツを食べ過ぎてしまうと体が冷えて血行が悪くなったり、腹痛を起こしたりと体の不調に繋がってしまうのです


キャベツを最も効果的に食べるには?

では、最も効果的に栄養素を摂るには、どのようにキャベツを食べると良いのでしょうか?
注意点をまとめてみると…

・ ボロンは加熱しても問題はない
 
・ 栄養面的には水に浸さない方が良い
 
・ 生キャベツを食べ過ぎるとダメ

これらを総合的にみて、最も効果的な食べ方は「キャベツを短時間の蒸し料理」にすることです。短時間蒸すだけなら、水溶性の栄養素が損なわれることも少なくてすみますし、陰性の作用を和らげることもできます
 
さらに、生キャベツよりも食べやすくなり、ボロン1日の摂取量に近づけることができるといえるでしょう。

簡単に出来る!キャベツの蒸し料理レシピ

【ツナとキャベツのレンジ蒸し】
 
■ 用意する材料
・キャベツ…4枚
・ツナ缶…1缶
・塩コショウ…少々
・醤油…小さじ1
 
① キャベツを水で洗い流した後に、キャベツをザク切りする。
② 断熱皿に①とツナを入れて、ラップをしてレンジで2分加熱。
③ 塩コショウと醤油を加えて、混ぜ合わせたら完成!
【やみつき蒸しキャベツ】
 
■ 用意する材料
・キャベツ…4枚
・ごま油…小さじ2
・鶏ガラスープの素…小さじ2分の1
・塩昆布…適量
・白ごま…適量
 
① キャベツを水で洗い流した後に、キャベツをザク切りする。
② 断熱皿に①を入れ、ラップをしてレンジで1分加熱。
③ レンジから取り出した断熱材に、塩昆布とごま油を加えて混ぜ合わせる。
④ 仕上げに、白ごまを上から振りかけたら完成!
【キャベツと豚肉のミルフィーユ】
 
■ 用意する材料 (2~3人分)
・キャベツ…半玉
・豚肉…300g
・コンソメ粒…1個
・塩コショウ…少々
 
① おわん型の大きめの断熱皿にキャベツ→豚肉→キャベツ→豚肉と重ねる。
② ①に、コンソメと塩コショウを振り、ラップをしてレンジで5~6分程度加熱。
③ 断熱皿をひっくり返して、半分に切ると綺麗な層になる。
④ 平たいお皿に盛りつけて完成!

1日のキャベツ摂取量の目安

ボロンの目安摂取量は、1日約3mg程度といわれています。
キャベツに含まれるボロンの含有量は、乾燥重量ベースで145ppm(1kgあたり145mg)※1です。キャベツの水分量は約92.7%※2ですので、新鮮な状態に換算すると1kgあたり約10.7mgとなります。
※1Osteoporosis: Foods, Herbs, Supplements for Bone Health ※2食品成分データベース
 
中サイズのキャベツ1玉で約1kg程度なので、ボロン1日の摂取量3mgを摂取するには、1玉のおよそ4分の1~3分の1(280g)で摂れるということになります。
   
食事から摂ることができるのも、ボロンの魅力ですね。
 
ちなみに、ボロンを多く摂取してしまうと副作用があるといわれていますが、人間には食塩と同じほど無毒であることが分かっています。だからと言って摂り過ぎは禁物です。
いくら栄養素が含まれているキャベツでも、身体には栄養バランスが大切です。栄養が足りていないと、ボロンによってバストアップに働きかけても、血行が悪くなり栄養が行き届かなくなる可能性もあります。
 
キャベツと相性が良いのは「タンパク質」が含まれている食べ物。お肉類や魚介類、卵などと一緒に食べるのがおすすめです。
 
★キャベツと相性の良い食べ物

*お肉類(豚肉・鶏肉・牛肉)
*魚介類(鮭・ツナ・あさり・かつお)
*卵

キャベツは胸から痩せないダイエットにも向いている?

キャベツがバストアップに効果的ということだけでなく、最近話題となっているのが「キャベツダイエット」。ダイエット本もいくつか出版されており、食事ダイエットとしてキャベツを取り入れている人もいるのではないでしょうか。
 
キャベツがダイエットに向いているというのは、これだけの栄養素を含みながら、100gあたり約23kcalと非常に低カロリーの食材だからです。
 
さらに、魅力的なのが、エストロゲンの分泌を増やすボロンが含まれているということ。キャベツを効率よく摂ることで、ダイエット中に胸から痩せることを防ぐことができるといえるでしょう。
 
ただキャベツダイエットで胸が痩せてしまった例としてよくあるのが、キャベツだけを食べるという極度な食事制限です。先ほども述べたように、栄養バランスが乱れてしまうと、女性ホルモンの乱れに繋がってしまいます。
 
おすすめされているのは、夜ご飯の前に生キャベツでお腹をいっぱいにして、カロリーを抑えるという方法時間をかけてよく噛んで満腹中巣を刺激すると、より満腹感を感じやすくなります

キャベツの他にもボロンが含まれている食べ物

バストアップに効果的な「ボロン」は、キャベツの他にもさまざまな食材に含まれています。キャベツばかりで飽きてしまった…という人は、他の食材と変えてみるのも良いですね。

・キャベツ
・りんご
・プルーン
・アーモンド
・ピーナッツ
・レーズン

他にも、ひじきやわかめなどの海藻類やはちみつ、ブロッコリーなどにも含まれます。
1日3食の食事と合わせて、色々な食材からボロンを取り入れるなど、負担なく継続的に続けていくことが大切です。

まとめ

キャベツに含まれる「ボロン」は、バストアップ効果だけでなく、骨を丈夫にする栄養素として重宝されている成分です。また、女性にとって嬉しい美肌効果も得られるので、ぜひ毎日の食事に取り入れていきたい栄養です。
 
バストアップをするには、効果的な成分・栄養ももちろん大切ですが、土台作りも重要になります。キャベツだけに頼るのではなく、まずは規則正しい生活から心掛けて女性ホルモンの乱れとなる原因を取り除いていきましょう。
バストアップに効果的なマッサージや筋トレ、脂肪の横流れを防ぐためのナイトブラなども一緒に取り入れて、バストアップをサポートしてくといいですね。

バストアップ情報 人気記事

  1. 胸を大きくする方法|効果的なバストアップ術を厳選...

    自分のバストに自信を持っていますか? 女性だけでなく男性からの魅力も惹きつけ...

  2. 育乳ナイトブラでバストアップ!厳選おすすめランキ...

    寝るとき専用のブラジャーとして登場した「ナイトブラ」。すでに取り入れている人も...

  3. 美ボディ攻略法!胸を残して痩せるダイエット術...

    モデルさんのようなスレンダーな体形なのにも関わらず“綺麗でボリュームのある胸”は、...

  4. 着けてバストアップ?!“可愛い”で選ぶ「育乳ブラ...

    着けただけでバストアップ出来るブラジャーとは 普段着用しているブラジャーのよ...

  5. 自宅で出来る!バストサイズの測り方【アンダーサイ...

    女性なら誰もが知っている自分の“バストサイズ”。 ブラジャーには「A-6...

  6. 筋トレでバストアップできる?カギを握る「大胸筋」...

    柔らかくてふんわりしているバストを、筋肉トレーニングで大きく出来るって知ってい...

  7. 男性の理想のバストサイズは「何カップ」!?...

    女性特有の魅力的なポイントでもある「バスト」。 ふっくらとしたボリューム...

  8. 【プエラリアによる健康被害】とは?危険な副作用の...

    バストアップ成分として多くのサプリメントに用いられている「プエラリア」。 強...

商品レポート 人気記事

  1. ピンキープラスの悪い口コミ・良い口コミを検証!評...

    バストアップサプリに多く使われている“プエラリア不使用”でお手頃な価格が特徴の「ピンキープ...

  2. Viageビューティアップナイトブラの悪い口コミ...

    睡眠時にバストアップできるというナイトブラ「Viage(ヴィアージュ)ビューティーアップナ...

  3. 導リメイクアップブラの悪い口コミ&良い口コミを検...

    ワキや背中についているムダ肉をバストに導くことで、谷間を作ることができる「導(みちびき)リ...

  4. 画像で比較!アンジェリール「ふんわりルームブラ」...

    ナイトブラとは思えない可愛らしいデザインが人気を呼んでいる「ふんわりルームブラ...

  5. 【検証結果】ふんわりRoom Bra(ルームブラ...

    多くのモデルさんが愛用していることで話題のアンジェリールから発売されている「ふんわりルーム...

胸に関する悩み(Q&A)人気記事

  1. ブラジャーが原因?肩こりしないブラジャーを教えて...

    【Q.】   ブラジャーを着けていると肩こりになります。首筋まで痛むことも...

  2. 黒ずみ乳首で悩むのはもう嫌!ピンクにする方法を教...

    【Q.】   お恥ずかしいお話になるのですが、乳首の黒ずみがずっとコン...

  3. プエラリアサプリとピルを一緒に服用するのは絶対に...

    【Q.】   彼氏ができて約1年ほど前から、ピルを服用しています。 バス...