美ボディ攻略法!胸を残して痩せるダイエット術

モデルさんのようなスレンダーな体形なのにも関わらず“綺麗でボリュームのある胸”は、女性の憧れでもある「美ボディ」ですよね。
ダイエットしながらスリムなボディを目指しつつ、バストアップが出来たらいいのに…と願う女性も多いことでしょう。
 
しかしながら「ダイエットをすると胸から痩せてしまう」なんてこともよく耳にします。
 
では胸をキープしながら、ダイエットをすることは無理なのでしょうか?
 
実は、少しだけ工夫することで両立することができるんです。
今回は、美バストを残しながら、スリム体形を目指すダイエット方法をご紹介します。理想の美ボディを目指しましょう♪

ダイエットするとどうして胸から痩せてしまうの?

ダイエットで落としたいのは、体重はもちろん、二の腕や太もも、ウエストなどメリハリのある美ボディを作るために引き締めたい部分です。
しかし、なぜ女性にとって大切な胸から落ちてしまうのでしょうか。
 
女性の胸は約90%が脂肪組織でできています。

そんな胸の脂肪はとても柔らかく、下半身より体温が高いため、他の部分よりも痩せやすいという特徴があります。

それに加えて運動や食事制限などのダイエットを行うと、胸の脂肪をさらに燃焼しやすくしてしまったり、栄養不足になったりと、さらに胸から痩せてしまう原因を作ってしまうのです。

ダイエットで胸が小さくなる原因

1.食事制限による栄養不足

メジャーなダイエット方法ともいえるのが「食事制限」です。
 
正しく食事制限をしていれば全く問題はないのですが、原因となるのは偏った食事による栄養不足です。
 
胸に必要な栄養が足りないことで、胸の乳腺が衰えてしまうと、成長を妨げたりボリュームダウンしたりとバストに大きく影響してしまいます。

コレステロール減少によりホルモンの分泌が低下


「肥満=コレステロールが高い」という悪者のイメージが強く、ダイエット中はコレステロールを含む食材を避けている方も多いのではないのでしょうか。
 
確かに、コレステロールが高いことは身体に悪影響を及ぼすといわれていますが、実は身体にとって欠かせない存在でもあります。

身体の細胞のひとつ「細胞膜」の構成の原料となる他、女性ホルモンの原料となるのが「コレステロール」です。
 
そのため、コレステロールを極端に減らしてしまうと、女性ホルモンの分泌が低下してしまい、生理不順や胸の乳腺を維持することが出来なくなってしまいます

そうなると胸の“乳腺”が衰え、だんだんと胸がなくなってしまうのです。(→女性ホルモンとバストの関係とは)
 
炭水化物抜きダイエットで血行不良に


食事制限のダイエット法として知られる「炭水化物抜きダイエット(糖質制限ダイエット)」により、糖質が不足するとたんぱく質が分解され、アミノ酸が減少してしまいます。
 
アミノ酸が不足してしまうと血液が作り出されなくなってしまうだけでなく、血行不良にも繋がってしまうのです。

血行不良が起きると、身体に必要な栄養が行き届かなくなり、老廃物が溜まってしまう原因となります
 
つまり、胸への栄養も行き届くなるということ。
栄養不足となった乳腺は、衰えやすくなってしまうのです。

2.運動による胸の揺れ


ダイエットで胸からなくなっていく原因としてもうひとつ考えられるのは、運動やエクササイズなどによって体を動かすことで胸が揺れてしまうこと。
 
もともと痩せやすい胸の脂肪は、激しく揺れることにより、さらに脂肪が燃焼されて小さくなってしまうのです。
 
それだけでなく、胸を支えているクーパー靭帯が伸びてしまい、垂れ乳になる原因となってしまいます。

胸から痩せないダイエットをするには?

それでは、胸を残して痩せるにはどうすればいいのでしょうか。
原因となる運動や食事制限が出来ないならば、ダイエットできないのでは?と思われるかもしれません。
 
しかし、ダイエット中に少しだけ工夫することで、胸痩せを防ぐだけでなく、バストアップもしながら痩せることが可能になるんです。
 
美ボディ叶えるダイエット方法で気を付けるポイントとなるのは、大きく分けて2つです。
それぞれ見ていきましょう。

正しい食事ダイエットをする

ダイエットを成功するには、暴飲暴食は絶対にNG行動ですよね。
 
だからといって極端な食事制限や偏った食事をするのではなく、体や胸にとって不可欠な栄養を取り入れる食事をすることが大切になります。
 
そこで大切となってくるのが5大栄養素を取り入れたバランスの良い食事です。

▼5大栄養素
 
炭水化物・脂質・糖質・ビタミン・ミネラル

正しい食事ダイエットをすることで胸から痩せる原因を取り除けるだけでなく、少しの量でも満腹感を感じやすくなるといわれています。
 

そこでポイントとなるのが、5大栄養素の中でもバストアップに良いといわれている食材をチョイスすること
 
バストアップに良いといわれる栄養素を取り入れることで、胸痩せすることを防ぐだけでなく、ボリュームのある胸へと働きかけてくれるのです。

5大栄養素を含むバストアップに良い食材

大豆製品

大豆製品には、女性ホルモンと似た働きを持つイソフラボンが含まれており、バストアップをサポートする栄養素として知られています。
 
また、筋肉や血液を作るのに欠かせない「タンパク質」を多く含むため、ダイエットにも良い食材ともいえるでしょう。
5大栄養素に含まれる栄養素は「脂質」「炭水化物」「ビタミンE」「ビタミンB1」「ミネラル(カルシウム)」です。糖質を加えた食事に取り入れると◎

海藻類

栄養の宝庫ともいわれる“海藻”には、ミネラルやビタミン類、タンパク質がバランス良く含まれています。
 
また、海藻に含まれる栄養素のひとつ「ボロン」は、お腹や太ももなどの脂肪は増やさずに、バストアップだけにサポートしてくれる成分なんです。さらに、低カロリーなのでダイエット食材としても活用できます。

キャベツ

食事ダイエットとしてもおすすめなのが、生キャベツを千切りにして満腹感を出すことです。
 
キャベツは100gで23kcalと非常に低カロリーの食材で、キャベツダイエットというダイエット方法があるほど、重宝されています。
 
また海藻類と同じ「ボロン」が含まれており、バストアップに繋がる女性ホルモンの分泌を手助けしてくれる働きがあります。
5大栄養素の中では「ビタミンC」「ビタミンU」「ビタミンK」「ミネラル(カルシウム)」が含まれており、栄養も豊富に含まれています。

キャベツに含まれるボロンの効果は、こちらの記事(キャベツでお手頃バストアップ!栄養(ボロン)が摂れる効果的な食べ方)でも紹介していますので、合わせてチェックしてみてくださいね。

これらの栄養を取り入れたバランスの良い食事をきちんと「1日に3食」取り入れることが、正しい食事ダイエットとなります。

★1日3食・太りにくい時間
 
・朝食 6時~7時
・昼食 10時~11時
・晩飯 16時~18時

よく、カロリーを減らすために朝食を抜いたり、1日2食に減らす人がいますが、反対に体脂肪を増やすもとになるといわれています。
 
朝ごはんをよく食べて、夜ご飯は少なめにするなどして、カロリーを調整すると良いですよ。

バストアップに良い食材ってこんなに身近にあったんだねー!
でも、5大栄養素のバランスも考えた食事ダイエットって、毎日は続かないかも…。

本格的にダイエットしたい人は、バストアップに良い「イソフラボン」を含むサプリを取り入れる方法もあります。
 
結果を出すには、継続的に続けることが一番大切となるので、自分が続けやすいお手軽な方法を見つけるのも選択肢のひとつかもしれませんね♪

イソフラボンを含むダイエットサプリで効果アップ

シボヘール

初回価格:980円(税込)

★機能性表示食品
 
★葛の花由来イソフラボン(ビタミンB、ビタミンC、ナイアシン)

 

ウエスト周りの脂肪を減らすのを助ける「葛の花イソフラボン」配合サプリ

ダイエットサプリとして今注目の「葛の花イソフラボン」配合のサプリメント。
消費者庁が成分による効果・機能を科学的に認めた“機能性表示食品”にあたるものです。つまり、葛の花イソフラボンの働きでウエスト周りの脂肪を減らす効果が確認されているという訳なんですね。
 
中でも続けやすいお手頃価格が人気となっている「シボヘール」は、葛の花イソフラボンの配合量が35mgとたっぷり含まれているところがポイント!コストパフォーマンスが高いところが人気の理由でもあります。
容量 単品 定期初回 2回目以降 定期しばり
1袋120粒入り(約1ヶ月分) 3,218円 980円 2,808円 なし

運動する時は胸を揺らさないようにする

ダイエットだけでなく、健康な体を作るためにも運動することはとても大切です。
 
しかし、胸の形状から、体を動かすと揺れてしまうことはなかなか防ぐことができません。
そこで胸から痩せないダイエットするコツとして、胸を揺らさないようにする工夫をご紹介します。

ランニングやジョギングの時にはスポーツブラを着用する

ランニングやジョギングをする時に普通のブラジャーでは、胸が大きく揺れて脂肪を燃焼してしまいます。胸の揺れを最小限に抑えるには、スポーツブラを着用するのがおすすめです。
 
スポーツブラには、胸をしっかりとホールドするだけでなく、汗による吸収しやすい生地や皮膚との摩擦を防ぐ構造になっているものもあります。
運動時に、最適なブラジャーだといえるでしょう。

HEAVEN / 脇肉レスキュー ノンワイヤースポーツブラ

販売価格:2,900円(税抜)

 

バスト全体をホールドして揺れを防ぐだけでなく、脇肉に流れやすい胸の脂肪をしっかりとキャッチしてくれるスポーツブラ。
生地の内側には、吸汗速乾生地を使用しており、汗による蒸れを防ぎ、快適なつけ心地となっています。さらに、脇部分と背中の中心部分はメッシュ生地になっており、通気性もバツグン◎

 

ヨガやストレッチなど動きが少ない運動をする

激しく体を動かす運動だけではなく、ヨガやストレッチなど緩やかに体を動かすダイエット方法もあります。
 
大切な胸を守るために、出来るだけ動きの少ない運動方法をチョイスして、体を引き締めていくこともおすすめです。
 
いくら揺れないからといってノーブラは絶対にNGですよ!
この時もきちんと、スポーツブラを着用しましょう。
 
むくみ解消!脚痩せ効果「ゴキブリポーズ」

「ゴキブリのポーズ」は、自宅で約2分ほどで出来る簡単なストレッチ方法です。冷えを改善したり、脚がむくみによって大きくみえる人は、脚痩せ効果が期待することができます。

▶ しっかりと背中を床につけて手足を上に伸ばします
▶ 力を抜いて両手足をぶるぶる振ります(約1分間)
▶ 1日1回は行いましょう

大胸筋を鍛えて胸回りの筋肉をつける

胸の土台となる「大胸筋」を鍛えることも、胸をキープしながら痩せることに効果的な方法のひとつです。

この大胸筋をトレーニングで鍛えることで、胸回りの筋肉が厚みを増してバスト全体が持ち上がります。
 
さらに、胸の土台となっている「大胸筋」には、垂れ乳を防ぐ効果や綺麗な上向きな胸にする効果にも期待できます。

大胸筋を鍛えることができる筋トレやエクササイズは、いくつかありますが、その中でもダイエット効果も得られる「腕立て伏せ」がおすすめです。


胸の土台となる大胸筋を鍛えるだけでなく、二の腕やお腹を引き締める効果のあるダイエット方法としても取り入れられています。
 
まずは10回程度から始めていきましょう。
無理なく、継続的に続けていくことがダイエットを成功する秘訣です。

バストアップに効果的な腕立て伏せのフォームや効果的な方法を詳しく知りたい人は、下記の記事を合わせて読んでみてくださいね。

胸を残して痩せたい人にはバストアップアイテムが必須!

胸を残して痩せるダイエットにピッタリなのは「バストアップアイテム」を取り入れること!効率よく併用していくことで、ダイエットとバストアップの両方を叶えることが出来るのです。
 
バストアップアイテムには、主に下記のようなものがあります。

・育乳ブラ
・ナイトアップブラ
・バストアップサプリ

一番取り入れやすい方法といえるバストアップサプリですが、バストアップと同時に女性らしいふっくらとしたボディになる効果があるといわれているんですね。そのため、スリムボディを目指すには不向きかもしれません。
 
この中でダイエットと併用して取り入れるとおすすめしたいのは、睡眠時に着けただけでバストアップが出来る“ナイトアップブラ”です。

着けただけでバストに働きかける!ナイトアップブラがおすすめ


バストアップアイテムの中でも、気軽に取り入れやすく、継続的に続けやすい「ナイトアップブラ」。
ナイトアップブラの仕組みは、流れてしまった脂肪をバストへと戻す“逆流システム”によるバストアップ効果です。
 
▼Viageビューティーナイトアップブラ着用時


 
他の部分に比べて、柔らかく流れやすい特徴を持つバストの脂肪は、気づかないうちに1~2カップほど流れてしまっていた人も少なくはありません。
本来のボリュームを取り戻すことで、ボリュームがアップしたと感じるという訳なんですね。
 

バストアップ美学では、ブラジャー担当の「宮下」が実際に試したものの中からランキング形式でご紹介しています。

 

ブラジャー担当の宮下です。
 
商品レビュー記事では、着用前・着用時の画像を比較して分かりやすく解説!
それぞれのナイトアップブラを「デザイン性・つけ心地・ホールド感・サポート力・コスパ」の5項目から評価して、ランキングにしています。
 
良かったらご参考にしてみて下さいね♪
(→効果のあるナイトアップブラ!おすすめランキングTOP3)

憧れの美ボディを目指そう


今回は、胸を残してダイエットする方法をご紹介しました。
 
せっかく、ダイエットして体重を落とすことができたのに、女性にとって大切な胸までなくなってしまった…なんてことは絶対に避けたいですよね。
 
一番大切なことは極端な食事制限はせずに、正しい食事ダイエットをすることです。
あとは、少しだけ胸に気を使ってダイエットをするだけ。
無理に突っ走るのではなく、無理のないダイエットをすることで、継続的に長く続けることができます。
 
ダイエットとバストアップの両立で「ボリュームのある魅力的な胸」と「スリムなボディ」のメリハリのある美ボディを目指しましょう。

バストアップ情報 人気記事

  1. 美ボディ攻略法!胸を残して痩せるダイエット術...

    モデルさんのようなスレンダーな体形なのにも関わらず“綺麗でボリュームのある胸”は、...

  2. 女性ホルモンを増やす・胸を大きくする方法...

    女性の身体とココロをコントロールしている「女性ホルモン」。 ホルモンバランス...

  3. 効果のあるナイトアップブラ!おすすめランキングT...

    睡眠時に着用しただけでバストアップ出来るという「ナイトアッ...

  4. 自宅で出来る!バストサイズの測り方【アンダーサイ...

    女性なら誰もが知っている自分の“バストサイズ”。 ブラジャーには「A-6...

  5. 着けてバストアップ?!“可愛い”で選ぶ「育乳ブラ...

    着けただけでバストアップ出来るブラジャーとは 普段着用しているブラジャーのよ...

  6. 筋トレでバストアップできる?カギを握る「大胸筋」...

    柔らかくてふんわりしているバストを、筋肉トレーニングで大きく出来るって知ってい...

  7. 男性の理想のバストサイズは「何カップ」!?...

    女性特有の魅力的なポイントでもある「バスト」。 ふっくらとしたボリューム...

  8. おっぱいを大きくする方法やメカニズムとは...

    自分のおっぱいに自信を持っていますか? 引用元:【衝撃】おっぱいに自信がない女性...

商品レポート 人気記事

  1. 導リメイクアップブラの悪い口コミ&良い口コミを検...

    ワキや背中についているムダ肉をバストに導くことで、谷間を作ることができる「導(みちびき)リ...

  2. Viageビューティアップナイトブラの悪い口コミ...

    睡眠時にバストアップできるというナイトブラ「Viage(ヴィアージュ)ビューティーアップナ...

  3. ピンキープラスの悪い口コミ・良い口コミを検証!評...

    バストアップサプリに多く使われている“プエラリア不使用”でお手頃な価格が特徴の「ピンキープ...

  4. 画像で比較!アンジェリール「ふんわりルームブラ」...

    ナイトブラとは思えない可愛らしいデザインが人気を呼んでいる「ふんわりルームブラ...

  5. 【検証結果】ふんわりRoom Bra(ルームブラ...

    多くのモデルさんが愛用していることで話題のアンジェリールから発売されている「ふんわりルーム...

胸に関する悩み(Q&A)人気記事

  1. ブラジャーが原因?肩こりしないブラジャーを教えて...

    【Q.】   ブラジャーを着けていると肩こりになります。首筋まで痛むことも...

  2. プエラリアサプリとピルを一緒に服用するのは絶対に...

    【Q.】   彼氏ができて約1年ほど前から、ピルを服用しています。 バス...

  3. 黒ずみ乳首で悩むのはもう嫌!ピンクになる美白クリ...

    【Q.】   お恥ずかしいお話になるのですが、乳首の黒ずみがずっとコン...